ヴィスコ・テクノロジーズ、処理速度30%短縮 小型・高速処理の画像処理検査装置がさらにパワーアップ

2018年7月27日

〜自動化が進む外観検査において、タクトタイムの短縮による生産現場の効率化に貢献。生産性と品質、双方の向上に欠かせないシステムです〜

画像処理検査装置メーカであるヴィスコ・テクノロジーズ(東京都港区、 以下ヴィスコ)は、 汎用型 画像処理検査装置『VTV-9000』シリーズのスタンダードモデル「VTV-9000mini」をリニューアル。 さらなる高速処理を実現し、 生産現場のニーズに応えます。

2018年 7月23日(月曜日)より販売を開始いたしました。

 

新しくなった VTV-9000シリーズ スタンダードモデル「VTV-9000mini」

従来機と比較し、 処理速度が30%も短縮。 検査の効率が大幅に向上します。

今回のリニューアルでは、 外形寸法(幅230×奥行205×高さ82mm)に変化はなく、 従来機からの置き換えもスムーズに行えます。

<関連製品>
検査内容に合わせ、 照明制御オプションを選択できます。

○照明コントローラ
画像取り込みのタイミングに合わせたLED照明の点灯、 消灯、 調光の変更ができ、 リアルタイム照明制御を可能とします。
http://www.visco-tech.com/product/devices/lighting.html

○フラッシュライトコントローラ
ストロボ制御にて、 検査対象物が高速に動いている状態での検査を可能とします。
http://www.visco-tech.com/product/point/strobe.html

▼VTV-9000miniの新製品の詳細仕様については、 下記URLより、 ドキュメントファイルをダウンロードしてご覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d26501-20180727-6355.pdf

 

ヴィスコの目視に近い高精度な検査

ヴィスコは、 “人間の目”に置き換わる技術は何か、 という視点で日々開発に努めています。

生産現場で実施されている目視の機能とその利点を分析し、 「見る」という一つの行為を「経験判断」・「認識」・「知覚判断」に分類し、 それを画像処理検査装置で実現しています。

例えば、 「工業製品の良品といえどもバラつきがある」をヒントに開発された独自手法「DefFinder(R)」では、 多少の色の濃淡やサイズの違いなどを吸収し、 外観上の欠陥のみを安定して検出します。

また、 梨地状や線状などの背景を持つ対象物上では明確な濃淡差がなく、 欠陥との判別が困難になるクラック状の傷も、 「CrackFinder(R)」なら画像背景と欠陥を区別して安定検出。

このように、 “人間の目”で無自覚のうちに認識できる部分を分析し、 機械上で再現しているのがヴィスコの提供する画像処理検査です。

▼人間のように考える検査アルゴリズム
http://www.visco-tech.com/product/

 

汎用性のある画像処理検査装置『VTV-9000』シリーズの特長

現場で本当に「使える」外観検査システムとして、 お客様のご要望に最適な外観検査を実現して参りました。

これまで、 半導体・電子部品・自動車・プラスチック・日用品・医療品など、 幅広い業界でご使用いただいております。

▼ヴィスコソリューション
画像処理のエキスパートならではの応用ノウハウが詰まった光学ソリューションで自動機の設定アドバイス、 アフターフォローにいたるまで、 現場で本当に使える外観検査システムを提供いたします。
http://www.visco-tech.com/viscosolution

▼ヴィスコチャンネル(YouTube)
弊社の画像処理検査装置『VTV-9000』の使用を想定したコンセプト装置の動画をYouTtubeヴィスコチャンネルにて公開中です。 実際の処理速度など、 ぜひご覧いただければと思います。
https://www.youtube.com/channel/UCWUk2P18sfWs04zVRzsB80g

 

「名古屋オートモーティブジャパン 2018」 に出展いたします

今夏、 [名古屋] オートモーティブジャパン 2018」にて、 新しくなった「VTV-9000mini」が初公開となる予定です。

展示会場: [名古屋]オートモーティブワールド2018(内 第1回 [名古屋] 自動車部品&加工 EXPO)
会 場:ポートメッセ名古屋
小間位置:3−9
会 期:9月5日(水曜日)~9月7日(金曜日)
時 間:10:00~18:00(最終日のみ17:00に終了)

参考:ヴィスコ・テクノロジーズ