ヘルツ電子、今すぐ“ポカヨケ”開始可能、シンプルポカヨケカウンター発売

2018年7月23日

ヘルツ電子は、「今すぐ、工具(ツール)を用いた作業のポカヨケ(モレ防止)を始めてみたい」というお客様向けに、 “工具(ツール)のIoT化”ポカヨケツール (*1)の新商品として「シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SCL」を、2018年9月中旬に発売いたします。

TW-800R-SCLは、カウント機能付きポカヨケ用受信機であり、「シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SC」(2017年6月発売)のシンプルさはそのままで、お客様からのご要望に基づきポカヨケ機能をパワーアップした商品です。

今後もポカヨケツール商品群のラインナップを拡充し、お使いの“工具(ツール)のIoT化”のお手伝いを通じて、世界中の生産現場の品質向上・生産性向上に貢献して参ります。

 

シンプルポカヨケカウンターTW-800R-SCLの主な特長

TW-800R-SCLは、組立工程・加工工程・プレス工程などの工具(ツール)を用いた生産工程で、「作業モレが発生してお困りのお客様」「生産工程にポカヨケを手軽に導入してみたいとお考えのお客様」のため、簡単にポカヨケを始められるカウント機能付きポカヨケ用受信機です。

1.今すぐ、ポカヨケ開始可能・・・簡単ボタン操作だけで、「1台の工具(弊社のポカヨケ用送信機TW-800T又はHRF-2402を搭載)」とポカヨケシステム(員数管理)を構築できます。TW-800R-SCLに設定された規定カウント数分作業をすると”PASS”とジャッジされ、ブザー音とリレー出力がされます。

また、生産工程で利用される多様な工具(チェックペンS、バッテリーツール、トルクレンチ、プライヤーレンチ、検印スタンプ、結束工具、リベッタ、グリスガンなど)が対応しております。TW-800R-SCLには、「1種類のワーク(*2)」の登録(*3)が可能です。

2.カウント機能強化と利用環境拡大・・・さまざまな業種や規模の工場でご利用いただけるよう、「シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SC」(2017年6月発売)のシンプルさはそのままで、1ワークあたりに設定できる規定カウント数の増加、ブザー音量アップ、ジャッジ・リセット方法の多様化、壁への取り付け可能、海外対応国の増加等、お客様から寄せられたご要望を反映しております。

3.作業トレーサビリティの確保・・・新商品「生産工程支援ソフトウェア for ポカヨケツール POKAYOKE plus」とLAN経由で連携させる(*4)ことで、作業トレーサビリティ確保や複数工程にまたがるポカヨケシステムを容易に構築できます。また、登録できるワークの数が無制限、作業回数のカウントアップが可能等、生産工程の特性に合わせて柔軟なポカヨケを実現できるようになります。

 

(*1)ポカヨケツールは、経済産業省とRRI(ロボット革命イニシアティブ協議会)が中堅・中小製造業が簡単に低コストで使えるIoT ツールとして認定した「スマートものづくり応援ツール」に採用されております

(*2)ワークは、「1台から複数台の工具を用いた作業内容」を意味し、例えば、「バッテリーツールで10回作業、チェックペンSで3回作業、検印スタンプで1回作業」という内容が登録されます

(*3)オプションである「Work-Select用入力ケーブル」をご利用いただくと、最大8種類のワークの登録が可能となります

(*4)TW-800R-SCLは「スタンドアロンモード」と「アプリ連動モード」の2つの動作モードを選択できます。TW-800R-SCL単体でご利用の際は「スタンドアロンモード」を、POKAYOKE plusと組み合わせてご利用の際は「アプリ連動モード」を選択していただきます

詳細:シンプルポカヨケカウンター「TW-800R-SCL」

参考:ヘルツ電子「新商品『“今すぐ、ポカヨケ開始可能” シンプルポカヨケカウンター TW-800R-SCL』発売のお知らせ」