NECネッツエスアイ、自律搬送ロボット開発の米Saviokeへ出資、介護・医療、卸売、製造業などへの市場拡大を加速

2018年7月19日

NECネッツエスアイ(東京都文京区)は、オープンイノベーションの推進を目的に運営を開始したCVC(Corporate Venture Capital)ファンド「ネッツ・イノベーション・ベンチャー有限責任事業組合」(以下、本ファンド)を通じて、人がいる環境で動作できる自律搬送ロボットを開発・展開している世界的リーダー企業Savioke, Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、以下 サビオーク社)へ出資しました。

サビオーク社の主力製品であるデリバリーロボット「Relay」は、確実かつ安全に品物を運び、事業運営の効率化を実現します。米国では2014年にホテル市場への導入が始まり、Relayによるゲストルームへの軽食、飲み物、アメニティの配送サービスが展開されています。

日本では、2017年7月に品川プリンスホテルに採用され、NECネッツエスアイはその導入に必要なインフラ構築からロボットのレンタル・運用・メンテナンスまでワンストップで提供しています。

 

NECネッツエスアイは、このたびの出資により、サビオーク社との連携を強化し、ホテル業界のみならず、介護・医療業界や卸売・小売業、製造業などの新しい市場への展開を加速します。

特に病院や介護施設における医療品や検体など秘匿性の高い搬送用途に対応する機能拡張を図ります。

加えて、同社の高い技術力を背景として、ロボット制御のデファクトスタンダードとなるROS(Robot Operating System)エンジニアの育成強化を図り、お客様の課題解決に迅速に応えられる基盤の強化に取り組みます。

▲病院での利用イメージ

 

現在、日本は少子高齢化が加速し、製造業や介護業界など、サービス業、金融業、観光業等の幅広い業種でもロボットの活用が模索され始め、ロボットの活躍の場が広がりつつあります。

生産性向上と高齢化、人材不足への懸念を背景に、従来の生産ラインの延長線上である産業用ロボットに加えて、人と協働するロボットへの注目が高まっており、特に、政府は介護従事者の負担を減らし、業務効率化を図るため介護向けロボットの開発、活用を支援するなど、今後も市場拡大が期待されています。

NECネッツエスアイは継続してロボティクス分野でのアセットを強化し、お客様のニーズに応じたサービスロボット活用サービスでの市場拡大を図り、今後、サービスロボット事業として2020年までに売上累計約20億円を目指します。

NECネッツエスアイは、今後も様々なスタートアップ企業との連携を推進し、オープンイノベーションを加速させることにより新たな価値の創造/新事業の創出に取り組みます。

 

参考:「NECネッツエスアイ、自律搬送ロボットを開発・展開している世界的リーダー企業Saviokeへ出資 ~介護・医療業界や卸売・小売業、製造業などへの市場拡大を加速~」