インフォコーパス、「SensorCorpus」に拡張性の高いIoTシステムに対応した新機能を追加

2018年7月2日

~デジタライゼーション時代における標準プラットフォームを目指す~

インフォコーパス(東京都目黒区)は、ユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」(センサーコーパス)に、利便性向上、大規模導入に対応する新機能を追加したことを発表いたします。

今回の機能追加により、小規模から大規模まで、拡張性の高いIoTシステムへの要求にも柔軟に対応することが可能となります。新しい機能を実装したSensorCorpusは、2018年7月19日より提供を開始いたします。

SensorCoprusは、誰でも簡単に安くIoTを始められるプラットフォームとして今まで定評を頂いております。今回、新たに次の5つの機能を追加しました。

 

【今回の機能追加における強化ポイント】

・多くのセンサー情報を一度に見られる
・多くのセンサー、ゲートウェイ、ユーザーを管理しやすくなる
・大量多様なセンサーデータをリアルタイム加工・仮想センサー化が可能に
・一度に大量のゲートウェイ、センサーの登録が可能に
・利用状況のタイムリーな把握が可能に

 

■多くのセンサー情報を一度に見られる(ダッシュボード強化)
ダッシュボードに複数のグラフやメッセージを自由に配置できるレイアウト機能が加わります。流れてくるセンサーデータを時系列や分布図、ゲージ等使い分けて配置できることに加え、ラベルや地図、動画等の外部URLをレイアウトに加えられ、表現力豊かなオリジナルダッシュボードを柔軟に作ることが可能になります。

■多くのセンサー、ゲートウェイ、ユーザーを管理しやすくなる(大規模利用に向けた利便性強化)
管理メニューを統合し、センサーの追加や変更など効率的な管理対応が行えるようになります。また、利用者を複数のグループに分けて、それぞれ毎に参照情報を割り当てられるユーザーグルーピング機能が追加されており、経営者、分析者、運用者等で目的毎にユーザーを管理できるようになっています。

■大量多様なセンサーデータをリアルタイム加工・仮想センサー化が可能に(センサーデータリアルタイム加工処理〔SDSP〕)の正式対応)
センサーデータをリアルタイムに演算し、適切な値に変換・処理することが可能となり、「仮想センサー」を簡単に作成する事ができます。これにより、センサーデータの単位変換や複数種類のセンサーデータから別の指数を生成するなど、センサーデータのリアルタイム演算を柔軟に行うことが可能となります。

■一度に大量のゲートウェイ、センサーの登録が可能に(大規模利用に向けたセンサー管理強化)
ゲートウェイやセンサーの一括アップロード及びダウンロードに対応いたします。これにより、扱うセンサーが今後数百万台に拡大しても、システムを作り替えることなく運用が可能となります(本機能はβ版より提供開始)。

■利用状況のタイムリーな把握が可能に(運用管理強化)
最新のデータ登録日時や、毎月のデータ登録数等、それぞれのアカウント毎の利用状況を参照できるようになります。これにより運用に必要な情報をタイムリーに参照することができます。

 

SensorCorpusは、誰でも簡単に本格的なIoTサービスを利用できることをコンセプトに、業種や目的に関係なく小規模から誰でも簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるユニバーサルなIoTサービスプラットフォームです。

IoTの検証(PoC)で終わらず、大量のセンサー情報を使った本格的なIoTシステムでも安心して利用できます。今後、IoTデータのセキュリティ強化やセンサープロファイルの拡大、エッジコンピューティング連携強化、センサー以外のデータとの融合など、先進機能の強化を重ねることで、デジタライゼーション時代における標準プラットフォームを目指します。

 

参考;インフォコーパス「SensorCorpus、拡張性の高いIoTシステムに対応した新機能を追加」