横河電機 独自の新指標化メソッド プラント総合管理可能に

2018年6月27日

横河電機は、プラントの運転レベルから経営レベルまで組織をまたがる管理目標の連携を促進するソリューション「OpreX Profit-driven Operation」の提供を6月7日から開始した。

同ソリューションは、同社の制御技術の専門性とプロセス産業に対するコンサルティングとシミュレーション技術を専門とする子会社KBCアドバンストテクノロジーズ(KBC)の業界知識を融合させることにより実現。製油所の運転、エンジニアリングおよび経営層で使われている数百個の指標(SPI)を特定し、これらの指標がプラントのパフォーマンスにどのように影響を与えているかの知識をもとに、体系的に構造化した。

そのひとつとして、自分の運転がプラントの重要管理目標にどのような影響を与えているかをリアルタイムで監視できる、統合生産制御システム「CENTUM」に組み込み可能なパフォーマンスダッシュボードと関連サービスを発売。運転中に各SPIに対して設定した最適な定値レンジから外れると専門的アドバイスが自動的に表示され、経験の浅い運転員でも迅速な対応が可能となる。

また、自動的に蓄積される各SPIと運転員の運転データを継続的な利益向上のためのコンサルティングに活用できる。

さらに、KBCの「Co-Pilot Program」も提供。エンジニアリング部門および経営層向けの指標を提示するとともに、プラント設備の最適化を遠隔から支援する。KBCの利益改善などのコンサルティングサービスも必要に応じて受けられる。