DataRobot×パナソニック「AI戦略」をテーマにトークセッション開催

「AIの民主化」を目指し、誰でも簡単に超高精度の予測モデル生成ができる世界でも最先端の機械学習自動化プラットフォームを提供するDataRobot(東京都中央区)は5月31日、パナソニック ビジネスイノベーション本部 AIソリューションセンター 戦略企画部 井上昭彦部長を迎えてパナソニックのAI戦略についてトークセッションを行った。

日本でもAIへの関心が高まっているが、実際の取り組みはまだまだ。パナソニックが早くから取り組むことができた理由について井上氏は「20世紀に電化、デジタル化で成功し、大量生産時代は良かったが、21世紀のインターネット時代になって勝つことができなかった。そこにリベンジしたかった」という。

AIの利用は、新事業創出と既存事業の改善が主。具体的にAI戦略を進める際には社内の人材育成から始め、そのツールとしてDataRobotを使っているという。2016年から5年で1000人の育成目標に対し、現在は300人の育成が完了したとのこと。受講者の多くが20代から30代の若手クラスで、現場に近いR&Dの人材の参加が多いという。

井上氏は、AIをうまく使うためには業務とAIを理解しておくことが必要で、特に事業部、現場の人がAIを使うようになるのが理想だが、実際には現場業務の理解が浅いR&Dや若手人材の参加が多く、なかなか難しいと話している。

今後について「パナソニックでもまだAI戦略は始まったばかり。ものづくりメーカーの業務プロセスを変革し、新しいサービス開発に期待してほしい」とセッションを締めた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG