オムロン 中国に工場増設 自動化需要増に対応

2018年6月20日

オムロンは、中国の製造現場における旺盛な自動化需要を捉え、制御機器の生産を担うオムロン上海に、第1工場に続く第2工場を増設する。今回の増設により、2020年度時点で中国において17年度比2倍の生産能力を確保し、中国を中心にグローバルに需要が高まり続ける光電センサや近接センサなどのFA用制御機器を増産する体制を構築。 さらに、第1工場内には産業用ロボットの生産ラインを新設し、拡大する中国のロボット市場に対応する生産体制を整備する。 同社は「中国製造2025」の節目となる25年までを見据え、ロボットや制御機器の供給を担保できる最適な生産能力を確保するとともに、自らも人件費高騰などの影響を吸収する高…