バウマー製産業用カメラ 先進技術×信頼性 過酷環境に対応 シェア拡大

2018年6月6日

検査や監視用として生産ラインで多く使われている産業用カメラ(マシンビジョン)。IoTの進化にともない、画像データの活用ニーズが高まり、再び需要が盛り上がっている。ドイツ・Baumer Optronic GmbH(バウマー)の産業用カメラは、基本となるイメージング技術はもちろん、制限が多く、厳しい環境下での長期運用という産業アプリケーションに適した製品として定評がある。日本で同社製品を取り扱うキヤノンITソリューションズで話を聞いた。   バウマーグループは、1952年創業のスイスの産業機器メーカー。モーション機器やセンサー、計測器などを製造・販売し、バウマーグループとしてグローバルで…