「IIFES」19年11月開催「SCF/計測展」から名称変更

FAと計測の国内最大の展示会として定着している「システムコントロールフェア(SCF)/計測展」(主催=日本電機工業会、日本電気制御機器工業会、日本電気計測器工業会)が、次回の2019年から展示会名称を「IIFES(アイアイフェス)=Innovative Industry Fair for ExE Solutions」に変更し、新たなスタートを切る。

SCFは日本を代表するオートメーション総合展として、1988年に第1回を、また、計測展は国内最大級の計測と制御専門展示会として、55年に第1回を開催している。

2013年からは、両展を同一日程、同一会場で開催するなど合同の取り組みを行ってきたが、オートメーションと計測は産業の中核を成す技術として、19年から名称を変えて一体化することにした。

第1回目となる19年は、11月27~29日の3日間、東京ビッグサイト西ホール(1~4、アトリウム)全館を使い、300社1200小間と過去最大規模での開催を予定している。出展申し込み受付開始は、今年12月上旬。

なお、7月11日には、事前PRを兼ねた「IIFESセミナー」を東京・イイノホールで開く。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG