キヤノンITソリューションズ、次世代アプリケーション開発プラットフォーム「VANTIQ」の提供開始

2018年5月21日

キヤノンITソリューションズ(東京都品川区、以下キヤノンITS)は、Vantiq, Inc.(米国カリフォルニア州、CEO Marty Sprinzen、以下Vantiq)との間で、次世代アプリケーション開発プラットフォーム「VANTIQ」(バンティック)の販売パートナー契約を締結しました。IoTで実現する新たな価値を短期構築できるツールとして「VANTIQ」の提供を2018年6月1日より開始します。

加速するデジタル社会においては、開発・生産・流通・販売・サービスの各現場で発生する様々な事象に対し、市場の期待に応えるため、よりリアルタイムな意思決定を行いアクションに結び付ける必要があります。しかし、各現場で発生するデータ量が膨大となってきており、リアルタイムに処理や分析をすることが困難となっています。

またIoTやAIなどの技術を利用し、めまぐるしく変化しているビジネス環境に対応するため、柔軟かつ早期にシステムを構築することも必要とされています。

 

このような課題を解決するためキヤノンITSは、次世代アプリケーション開発プラットフォーム「VANTIQ」と、「VANTIQ」を中心としたシステム構築サービスの提供を開始します。

「VANTIQ」は、ビジネスシーンにおいて発生する多種多様なイベントを高いリアルタイム性で処理することで情報の伝達スピードを高め、迅速な判断や行動を可能にする、イベント・ドリブン型アプリケーションの開発プラットフォームです。イベント・ドリブン型のアプリケーションを利用することで、システムが適切な人に、適切な情報を、適切なタイミングで提供する「マン・マシン・コラボレーション(人とマシンの協業)」を、より高度なレベルで実現することが可能です。

人が迅速な意思決定を行うことで、さまざまな状況へすぐに対応することができるようになります。また、「VANTIQ」は大規模な拡張性と高い可用性も備えており、急速なシステム規模の拡大や、各所に点在するセンサーやカメラなどのIoT機器からのイベントを効率的に処理できる分散システムの実現が容易に可能です。

「VANTIQ」の特長
・「VANTIQ」は、イベント・ドリブン型のアプリケーションを短期間で開発し、柔軟に運用/拡張するためのVantiq独自のプラットフォームです。不規則に発生する大量のイベントを即座に人のアクションに結び付けるアプリケーションの開発が可能です。

・分散アーキテクチャを採用しており、複数のエッジノードやモバイル端末にアプリケーションを分散させてシステムを構築することが可能です。エッジノードやモバイル端末の数を増やすことで、非常に大規模なシステムも構築できます。各所から収集したデータは、クラウド/オンプレミスのダッシュボード機能で集中管理できます。

・システムを停止せずにアプリケーションの配布/更新を行う仕組みを持つため、アジャイルにシステムを拡張していくことが可能です。高度な「マン・マシン・コラボレーション」システムを短期間に構築できることによりIoTで新しい価値を生み出すまでの時間を短縮します。

スマートファクトリーJapan 2018 へ出展
キヤノンITSは2018年5月30日(水)から6月1日(金)まで東京ビッグサイト東ホールで開催される「スマートファクトリーJapan 2018」に「VANTIQ」を初めて出展します。「VANTIQ」のマン・マシン・コラボレーションにキヤノンITS独自開発のエッジプラットフォーム「PlatSquare(プラットスクエア)」を組み合わせたデモンストレーションを実施します。「IoT 具現化に真に必要なことは何か。」キヤノンITS の考えるIoT ソリューションを展示します。

参考:キヤノンITソリューションズ「次世代アプリケーション開発プラットフォーム『VANTIQ』の提供を開始」