日立製作所 18年3月期決算 過去最高益に

日立製作所の2018年3月期連結決算は、売上収益が9兆3686億円(対前年比2.3%増)、調整後営業利益が7146億円(同21.7%増)、当期利益が3630億円(同57.0%増)で、営業利益、当期利益とも過去最高を記録した。

同社が注力するIoTプラットフォーム「Lumada」事業の売上収益は、顧客の経営指標改善、課題解決を図る「コア事業」が2300億円(当初計画1900億円)、コア事業が牽引するIoT分野の「SI事業(産業・社会インフラ系)」が7760億円(同7600億円)と、いずれも当初計画を達成。生産状況の可視化、生産性・品質向上などの製造業向けデジタルソリューション、鉄道車両・産業設備向け予兆保全ソリューションが好調だった。

19年3月期は、売上収益9兆4000億円(対前年比0.3%増)、調整後営業利益7500億円(同4.9%増)、当期利益4000億円(同10.2%増)と予想。Lumada事業は社会インフラ、産業・流通、金融分野のコア事業が拡大する見通しで、コア事業3100億円、SI事業7600億円を計画している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG