東京ED、金沢ES、ウイングアーク 予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューション

東京エレクトロンデバイス(TED)、金沢エンジニアリングシステムズ(石川県金沢市、以下KES)、ウイングアーク1st(東京都港区、以下ウイングアーク)は、生産設備の予知保全を実現するIoT&AIシステム構築ソリューションを開発し、5月7日から連携して提供を開始した。

新製品は、PLCデータの収集、加工、自動分析、診断、可視化までをワンストップで提供。データ収集環境の構築、設備の状態診断、可視化までを自社開発することなく一気通貫で構築することが可能で、生産現場で多く使用されているPLCから収集したデータを工場内で自動分析・学習・モデル生成、実行し、生産設備の状態診断結果をクラウドで可視化することで、エッジコンピューティングとクラウドサービスの両方の利点を活かした効率的なシステムを実現できる。

KESがPLC連携、制御を、TEDがデータ分析の自動化を、ウイングアークがデータの可視化を担当。今後は同ソリューションを広く展開し、製造業のIoT活用の推進に貢献していくとしている。

CALEXテクノロジー放射温度計

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る