パナソニックESネットワークス PoE給電スイッチングハブ ファンレスでの静音化実現

2018年4月4日

パナソニックESネットワークス(東京都港区)は、主にオフィスでのIP電話端末との接続用として、全ポートギガビット対応で1ポートあたり15.4Wまで給電が可能なPoE給電スイッチングハブ「Switch-S8GPoE(8ポートタイプ)」を4月から発売した。価格は6万4000円、販売目標は2018年度3000台。 新製品は、従来の100Mから1ギガに速度をアップしながら、ファンレス設計による静音化に成功。10/100/1000BASE-T×7ポートに1ポート当たり15.4W(装置全体で49W)のPoE給電が可能なうえ、高さ46ミリメートル、幅201ミリメートル、奥行き88ミリメートルのタップ型サイズ…