安川電機 TUV認定EMC試験施設を新設

2018年4月4日

安川電機は、EMC試験施設「電波暗室」を北九州市の本社事業所内に新設し、テュフ ラインランド ジャパン(TUV)からEMCの認定ラボとして承認を受けた。 同施設では、従来外部に委託していたEMCに関する試験を全て内部で行え、さまざまな試験データ・ノウハウを蓄積できる。 また、TUV認定の試験から認証取得までを一貫して行うことが可能になり、製品の開発期間の短縮と、安全・安心なメカトロニクス製品のスピーディーな供給の実現につながる。 施設の延床面積は900平方メートル。