ブラザー工業 燃料電池市場に参入

2018年3月7日

ブラザー工業は燃料電池市場に正式参入し、出力4.4キロワットの燃料電池「BFC4-5000-DC380V」の受注を2月28日から開始した。2025年度までに200億円の売り上げを目指す。 新製品は、燃料電池の外へ水素を漏らさない徹底的に安全性を追求した製品設計になっており、万が一、燃料電池内で水素が漏れても、水素センサーや圧力センサーで検知して水素を遮断、換気して水素をためないという3重の安全構造を採用している。 また、燃料電池の性質上、水素の何割かは反応しきれず、反応しきれなかった水素は通常は水と一緒に排出されるが、新製品は水素と水が混在した状態から水素のみを取り出して再利用することで、より…