ワゴジャパン「大電流対応PCB端子台」新シリーズが登場 省エネ・省工数に貢献

2018年3月7日

スプリング式結線も搭載 ワゴジャパン(東京都江東区)は、省エネ・省工数に貢献する、大電流対応小型PCB端子台「2600シリーズ」をラインアップし、近日発売する。 産業用電気機器の小型化は信号部だけではなく電源部にも及んでおり、特にヨーロッパではPCBに外部端子を使用せず直接給電するための大電流対応PCB端子台の要求が高まっている。大容量の電源、インバータ、サーボアンプなどでPCBに直接給電することで、大幅な小型化と損失の低減で省エネを実現できる。 新製品は、レバー操作タイプの2604、2606と、2616ドライバ操作タイプの2624、2626、2636。最大適合電線サイズが6sq、10sq、2…