シーメンス キヤノン 工場自動化で協業 映像ソリューション活用

2018年2月21日

シーメンスとキヤノンは、工場における生産現場の自動化の分野において協業を開始した。生産現場のデジタル化と自動化に強みを持つシーメンスの幅広い製品群とキヤノンが長年培ってきたイメージング技術を連携させ、FAを支援するさまざまなシステムソリューションを提供していく。 協業の第1弾として、シーメンスの産業用PC「SIMATIC IPC」にキヤノンの異常監視・録画ソフトウエア「Monitoring Edition」および画像処理ソフトウエア「Vision Edition」を搭載した生産設備への組み込みが可能なシステムソリューションを3月から発売。数値データによる収集と分析が主流の生産現場において、映像…