東京都電機卸商業協同組合 新春懇談会開く 横のつながり大切に

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、「新春懇談会」を東京ガーデンパレスで2月9日開催した。

冒頭あいさつに立った藤木理事長は「国内の景気も戦後の2番目の長さで好況が続いており、来年1月まで継続すると最長となる。足元の状況をみると更新するのではないかと思う。半導体、電子部品を中心に需要が伸長しており、一部には品不足も聞かれる。AI、IoT、自動運転などの話題が新聞紙上をにぎわしているが、われわれの関係する業界であり、垣根が低くなって横のつながりがますます重要になっている。TEPはこのつながりを今後も進めていきたい」と述べた。

また、来賓で挨拶した全国電子部品流通連合会の岡本弘会長は「スマホ、クラウド、車載、IoTなどの市場拡大で半導体の需要が大きく伸長し、史上初めて4000億ドルを突破する見通しになっている。今年もこの好景気が続くと見られ、戌年の鋭い臭覚でニーズを察知し敏速にチャレンジしていきましょう」と期待を込めた。

新春講演は、東京都中小企業振興公社の松林伯尚氏と小室奈津子氏が「事例から学ぶ事業承継のポイント」と題して行った。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG