飯田工業「小型レーザ加工機」パソコン対応の新機能 タッチパネル使いやすく

2018年2月21日

飯田工業(愛知県小牧市)は、パソコンに対応した新機能搭載の小型レーザ加工機「L908PC」を発売した。 これは、炭酸ガス(CO2)レーザにより彫刻・切断を行うレーザ加工機「LASERMATIC」シリーズのスタンダードタイプで、多彩な加工モードで、さまざまな加工用途に対応する。 操作パネルはタッチパネルで使いやすく、「滑らか制御」の搭載で、微小線分、要素のつなぎ目をきれいに追従する。 加工ワークサイズは、X1000×Y600ミリメートル、さらに前後・左右両方向で材料の貫通が可能。 X-Yプロッタ方式、タイミングベルト駆動で最大で毎秒2000ミリメートルの高速加工を実現している。 加工解像度は、最…