JEITA「IT経営」調査結果“守りから攻め” 投資へシフト鮮明

2018年2月14日

電子情報技術産業協会(JEITA)は、IDC Japan(東京都千代田区)と共同で実施した「2017年国内企業の『IT経営』に関する調査」の結果を発表した。 同調査は13年の「ITを活用した経営に対する日米企業の相違分析」、14年の「国内企業における『攻めのIT投資』実態調査」、15年の「攻めのIT経営企業におけるIT利用動向関連調査」に続くもの。333社の経営者およびIT部門以外(事業部、営業、マーケティング、経営企画)のマネージャー職以上を対象にアンケートを実施した。 企業におけるIT投資の重要性において、「極めて重要」と考える国内企業は、前回比約1.6倍となる26%に増加。前回「極めて重…