竹中システム機器 欠点検出装置など発売 カラーカメラで高精度

2018年2月14日

竹中システム機器(京都市山科区)は、簡単操作でリアルタイムに欠点を検出するカラーライン型欠点検出装置「LS-70JC」と専用マッピングソフト「MAP-07JC」を発売した。価格は「LS-70JC」が69万円、「MAP-07JC」が48万円。販売目標は年間500台以上。 「LS-70JC」は、同社の高解像度のカラーラインスキャンカメラ「TLC-7300UCL」対応の欠点検出装置で、製造工程中のフィルム、鋼鈑、紙など各種シート状物体のキズ・色・汚れ・異物・ピンホールなどを高精度で検出する。 データレートは120MHzに対応。ビデオ波形モニター機能およびシェーディング機能、ライン加算機能7×7画像処…