河村電器産業 集合住宅に合った宅配ボックス開発 再配達負担軽減に一役

2018年1月31日

河村電器産業(愛知県瀬戸市)は、配送業者の再配達の手間を削減するのに有効な「宅配ボックス」を開発、集合住宅や戸建て住宅に向けて販売を開始した。 最近のネット通販の急増などに伴い、不在時の再配達による配送業者の負担が増えており、その解決手段として宅配ボックスが注目されている。同社は電気設備を保護する鉄・ステンレス製ボックスの製造技術を有しており、今回、防水性が高く、強じんな屋外用の自立タイプ宅配ボックスを開発した。 雨風でも安心の防水構造により、屋根のない場所でも安全に設置することができる。保護等級はIPX4相当。サビに強いステンレス製で、風速40メートル/秒の強風に耐える堅牢性を誇る。 電気が…