【2018年年頭所感】日本配電制御システム工業会 会長 宇賀神清孝「信頼される物づくりを期待」

2018年1月17日

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 年頭に当たり、平素より弊会にお寄せ頂いております皆様の暖かいご指導とご支援に対し心から御礼申し上げます。 わが国の経済は、大手企業の収益改善を背景とした設備投資の増加や雇用環境の改善などにより緩やかな回復を続けておりますが、北朝鮮の緊迫化による地政学的リスク、米国の政治情勢など海外に不安定な要因が多く、外的要因に懸念材料を残しながら新たな年を迎えました。 建築用配電盤類の生産数量は、2015年度をピークに10%程度落ち込んでおり、これが受注価格にも影響を及ぼし、大手ゼネコンやサブコンの業績が好調である中にあり、当業界は予想に反し厳しい1年でした。 本来、東京…