FDK「絶縁タイプDC-DCパワーモジュール」高電圧50V出力に適応 世界最小クラスを達成

FDKは、高電圧50V出力に対応した1/8-Brickサイズの絶縁タイプDC-DCパワーモジュール「FPER48T05006」を開発し、サンプル出荷を開始した。

新製品は、95%の高い変換効率を実現することにより、36V~75Vの入力電圧から50V安定化300W出力製品では、1/8-Brickサイズ(58.4×58.9ミリメートル)と世界最小クラスの小型化を達成している。

また、同時に開発した「FPER48T02512」300Wモデルの12.5V~30V出力と、すでに製品化している「FPED48T01238」450Wモデルの6V~13.2V出力と組み合わせることで、6V~60Vまでの幅広い出力電圧をカバーすることが可能。ユーザーの機器本体の小型化やモジュールの共通化に貢献する。

さらに、高電圧30V~50Vを使用する携帯無線基地局のRRH(Remote Radio Head)装置に要求される変化量の大きい急峻な負荷変動にも対応していることから、RRHや半導体検査装置等の用途に最適。

加えて、高温環境下においても高性能・高効率を維持する特長を有することから、高信頼性を要求される各種産業用機器、通信機器、情報機器、バッテリバックアップ機器など幅広いアプリケーションに使用できる。

主な仕様は次の通り。

▽絶縁耐圧オープンフレーム=DC2250[V]、ベースプレート付=DC1500[V]▽過電流保護、過電圧保護、過熱保護、リモートON/OFF、出力電圧可変(20/50%)機能内蔵▽製品ごとにシリアル番号を付したフルトレーサビリティに対応、また、RoHS指令に対応。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG