藤本教授のものづくり考(9)

2018年1月17日

中小企業とは? 中小企業はすべて大企業に搾取される弱体的な存在だから、すべからく国が支援しなければならない、といった伝統的な二重構造論が、中小企業論や中小企業政策に対して、いまだに影響を与えています。 しかし、実際に地域を回ってみれば、たしかに政策金融や保護によってやっと生かされている企業もありながら、一方にはもうかっているけれど、もうかっているからこそ、それを口に出さない中小中堅企業や、今は赤字だけれど現場力と潜在力を持った企業など、その実態はさまざまです。十把ひとからげに論じるわけにはいきません。中小企業論の大家である中沢孝夫先生の「かわいそうな中小企業はいるが、中小企業はかわいそうではな…