Check !!

サトーパーツ 中継用スクリューレス端子台「SL4000/4500シリーズ」結線作業3ステップで完了

サトーパーツは鉄道技術展に、今年から運用を開始したキャラバンカー(販売促進展示車両)を持ち込み、初出展する。

キャラバンカーには、新商品を含む同社の全ジャンルの商品を積載しており、実際に触って確かめられるサンプルも用意して訴求する。

主な展示品は、専用工具不要、省スペースで繰り返し使えるスクリューレス端子台をはじめ、豊富にそろった各種ツマミなど、メイド・イン・ジャパンの安心安全な商品を紹介。

中継用スクリューレス端子台「SL4000/4500シリーズ」は、結線作業を手に持ちながら専用工具不要で3ステップで完了と簡単で、着脱が容易。このため、センサやモータ、ロボットなどの中継用に最適。定格300V10Aで、単線φ0.4~1.2、撚線0.2~1.25平方ミリまでに対応し、極数も12極まで7種類が完備。コンタクト部には金メッキ接点を採用している。

また、中継用スクリューレス端子台「ML-1700」にDINレール取り付けタイプも追加。

一方、参考出品として、従来品に比べて外れにくさ2倍(同社比)を実現した新型みの虫クリップを展示する。今までのクリップでの悩み解消につながる期待製品として注目されており、会場で試すことができる。

http://www.satoparts.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG