東洋技研 小型プッシュインタイプ リモート I/Oユニット「MT1Xシリーズ」横型・省スペース 簡単配線

東洋技研はSCFに、中継・省配線・接続機器メーカーとして「省へと繋げる・繋がる」ことに貢献する製品を訴求する。

主な展示製品は、スプリングロック式端子台、国内最小幅中継BOX、国内最小CC-Linkターミナル、インターフェイス端子台など。

このうち、CC-Link対応の小型プッシュインタイプ リモートI/Oユニット「MT1Xシリーズ」は、横型構造で、省スペースを実現している。また、プッシュイン式端子台でのため、配線作業も簡単に行える。

さらに、端子台に+コモン、-コモンを内蔵しているため、2線式/3線式のセンサーの接続可能になっている。

機種は、16点/32点/8点混合/16点混合の各タイプを完備。

一方、新製品として、スプリングロック端子台搭載の4点リレーターミナル「PCRY-4FVIF」を発売した。従来のねじ式リレーターミナルに比べ省スペースで、しかも振動などで緩まないため、定期的なメンテナンスが不要。しかも独自のレールロック機構で、止め金具が不要で固定でき、約40%省スペース化と、取り付け作業の省力化につながる。

https://www.togi.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG