アズビル「新次元の生産性」支援 4つのゾーンでIoT訴求

アズビルは、「アズビル×IoTがつなげる、ものづくり企業の未来ー新次元の生産性へ!ー」をテーマに、「スマートマニュファクチャリング」「ファクトリーオートメーション」「プロセスオートメーション」「エネルギーマネジメント」の4つのゾーンで提案する。

「スマートマニュファクチャリング」では、工場システムの全体最適化へモノづくりを自律的に調整するオートメーションによる新次元の生産性の実現に向け、バッチプロセス分野向けの機械学習を用いた機器・プロセス・質の異常予兆検知、AIによる生産計画・作業指図・ロジスティクスの最適化、エッジコンピューティングによる装置異常予兆検知、多品種少量生産現場における組立てミスの削減など、現場課題を解決するナレッジソリューションなどを訴求。

「ファクトリーオートメーション」では、IoTによる装置内マネジメント実現へ、微小液体流量の計測・管理、バラツキの無い確実な設定と検出ができる汎用アンプ内蔵光電スイッチなどによるワーク検出、装置制御の挙動予兆診断機能を搭載した新しいPIDコントローラ、装置をクラウドに接続する装置組込み小型エッジコントローラなどを展示する。独自の計測制御技術を生かした次世代スマートロボットも披露する。

「プロセスオートメーション」では、超スマート工場の運転管理として、IoTによる異常予兆検知とプロセス変動予測による新次元のプラント運転管理や、HART機器のメリットなどを、「エネルギーマネジメント」では、省エネ診断・実施に関する各種ソリューションをアピールする。

http://www.azbil.com/jp/product/factory/event/scfmcs/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG