NTTコム・ローム・沖創工 IoTソリューションで協業

2017年11月8日

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、ロームおよび沖創工と、電池レス・配線レスの無線通信規格「EnOcean」に対応したセンサーや、豊富なAPIにより柔軟な設計が可能なIoT Platform「Things Cloud」を用いて、企業のIoT環境構築を簡単・迅速に実現するIoTソリューションの提供を10月2日から開始した。

同協業では、NTTコムが「OCN」などデバイスとクラウドをつなぐネットワーク、「Things Cloud」、ネットワークキャリアとしての保守運用ノウハウなどを提供。ロームは同社へ「EnOcean」をはじめとする各種無線・センシングを中心としたソリューションを提案し、沖創工が同社と共に、全国のネットワーク構築・運用を担ってきた実績・ノウハウを生かし、IoT-Gatewayやセンサーネットワークの設計・構築・運用を実施する。

IoT環境の構築に必要となるセンサーデバイスの選択から、IoT Platform、アプリケーション導入までを一元的に提供可能なため、顧客は導入検討の時間を削減できるとともに、高度なスキルがなくても、実際のIoT環境構築までを簡単に実現することができる。

また、「EnOcean」は、光・温度差・振動などの微弱なエネルギーを集めて電気エネルギーに変換する「エネルギーハーベスト技術(環境発電技術)」を使用しているため、電池・配線・メンテナンスが不要で、導入コスト・導入期間を抑えるとともに、運用稼働も削減できる。
 
例えば、会議室や建物における「温度」「湿度」「CO2濃度」「照度」「人の有無」などの環境状態の遠隔監視・管理で、電池不要・配線不要の空間管理ソリューションを構築できる。