キヤノンITソリューションズ 製造ビッグデータ分析・可視化ツール BIGDAT@Viewer

膨大なデータから分析軸発見

キヤノンITソリューションズは、製造ビッグデータの分析・可視化ツールとして、BIGDAT@Viewer(ビッグデータビューアー)を販売している。開発元はサイバネットシステム。膨大なビッグデータを分かりやすい二次元のマップとして表現し、気付きの発見や仮説立案を支援する。

インダストリアルIoTでは、製造に関わるビッグデータの有効活用が急務。適切なデータ分析による、設備の異常の早期検知や製品の不具合原因の把握など、課題解決への活用が期待されている。

一方、製造現場ではベテランの経験や勘に頼り、データサイエンティストのような専門人材を雇えないなど、十分なデータ活用ができないことが多い。

BIGDAT@Viewerは、そうした課題の解決を支援する。汎用的なCSVファイルを読み込ませると、誰でも簡単な操作でデータを二次元のマップ上に可視化。データの傾向や特長、故障や不具合の原因はどのデータ属性なのかなど、マップ上で直感的に絞り込むことができる。

データサイエンティストでなくとも、膨大なビッグデータを活用できるのが最大の特長。Wonderware Historian(産業用時系列データベース)や分析用クライアントツールと組み合わせての利用も可能。

https://www.canon-its.co.jp/products/bigdataviewer/

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る