日本製造業のIoT・データ利活用の実情 収集から活用のステージに突入

2017年11月8日

機械の稼働率を知る、製造装置の状態を把握する、良品/不良品を管理する、故障時期を予測するなど、さらなる現場効率化にはIoT導入が欠かせない。IoTの導入ステップ、実行サイクルは、①データを集め ②見える化し ③分析し ④活用する の4段階。それぞれに応じた機器・システムを導入し、運用していくことが「IoT化」といわれるものだ。日本ではIoT化が進んでいないといわれるが、実際はどうなのか? ■データ収集をしている企業は40%から60%へ増加 経済産業省の「2017年度ものづくり白書」によると、製造現場で生産プロセスに関する設備の稼働データを収集している企業は、2015年には40%だったものが、2…