ウシオライティング 金型監視装置

2017年11月8日

ウシオライティング(東京都中央区)は、プラスチック射出成形プロセスで、金型の破損、不良流出を防ぎ、製造ラインのサイクルアップに貢献する金型監視装置「PLUS-E PE-600」に、業界で初となる「3回監視」機能を付加させることに成功した。 「PLUS-E」は、プラスチックやダイカスト成形機の、金型からの成形品落下を監視し、残留品があれば再突出し機能によって成形機を自動復帰、あるいは停止させることで金型破損を防止。PE-600型は、高画素デジタルカラーカメラ(200万画素)を採用、業界初のデジタルカラー画像処理により成形プロセスにおける金型の高精度・高速監視を実現している。 これまでの金型監視で…