リンクス IIoT事業に注力 SCADA大手と代理店契約

2017年10月18日

リンクス(横浜市青葉区)は、今年からIIoT(産業向けIoT)事業に力を入れており、このたびSCADA大手のオーストリア・COPA-DATAと代理店契約を結び、同社のSCADAソフト「ZENON(ゼオン)」の販売を開始すると発表した。 同社は世界から際立った特長や機能を持つ製品を目利きして日本に持ってくることを得意とする技術商社。特に画像処理技術の高さは内外から評価され、1990年の創業以来、画像処理を中心に右肩上がりで業績を伸ばしている。2017年からはソフトウエアPLC「CODESYS」を中心に、製造現場のIoT化に注力している。 COPA-DATAは、87年創業のオーストリア企業で、SC…