ファナック IoTプラットフォーム FIELD systemサービス開始 製造現場に特化

ファナックは、CNCやロボット、各種製造装置とデバイスやセンサを接続し、製造・生産を最適化するための高度な分析機能を提供するIoTプラットフォーム「FIELD system」について、10月2日から日本国内でサービス運用を開始した。来年4月以降に欧米でもスタートする予定。

FIELD systemは、製造現場に特化したオープンなIoTプラットフォーム。メーカーや製造年代問わず接続でき、データはエッジヘビーで処理して製造現場内での一元管理と共有を実現するのが特長。アプリや対応機器はサードパーティが開発してプラットフォーム上で販売ができる。CNCや工作機械、産業用ロボットで高いシェアを持つ同社が提唱し、かつオープンなことから、賛同するパートナー企業が400社超あり、以前から注目を集めていた。

同社は今回のリリースに合わせ、4種類のアプリケーションとコンバータを発売。アプリケーションは、製造機器のデータの統合的な見える化・分析を行う「iPMA」、製造機器の予防保全機能を実現する「iZDT」、工作機械の加工時間を高精度に予測する「加工時間予測」、製造現場の利用者の操作権限や操作履歴を管理する「個人認証・履歴管理」。コンバータはファナック製CNCやロボットのコンバータとOPC UAコンバータで、いずれもFIELD systemアプリケーションストアから購入できる。またサードパーティのアプリケーションも随時追加されていく予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG