矢野経済研究所 ソリューション動向調査 故障予知まだ萌芽期

2017年9月27日

矢野経済研究所(東京都中野区)は、設備機器ベンダ、プラント事業者、ITソリューションベンダを対象に実施した「故障予知ソリューション動向に関する調査」を公開した。 近年、AI活用の取り組みが進められているが、Webマーケティング等の商業向けと比較すると、製造・保全分野ではデータの扱いや解析結果に対して高い精度が要求されていることなどから、その開発状況は緩やかなものとなっている。間違いがあった場合、事故等に繋がれば人命にも及びかねないことから、データポイント間の関係性や構造など因果関係を把握することが重要視される点などが、その理由として挙げられる。 故障予知においても、AI活用は注目されているもの…