ワゴジャパン 太線対応スプリング式大電流端子台 端子台取り付け強度を向上

2017年8月30日

ワゴジャパンの「POWER CAGE CLAMP(パワーケージクランプ)」は、圧着端子を使用せず太線を結線できるスプリング式端子台。国内の配電盤で多く使用される38、60、100、200平方ミリサイズのCV線の接続も可能な4機種をラインアップしているが、今回端子台固定フランジタイプを追加した。

新製品は太線を接続したときの端子台の取り付け強度を向上する事ができ、より安全性を高めることが可能。

同製品はスプリングによるダイレクト結線を実現しており、電線をむき出せば圧着端子不要でダイレクト結線できるので大幅な省力化が実現可能。

工具もマイナスドライバや六角レンチで作業でき、太線の電線端処理に必要な端子圧着用の電動/油圧工具なども不要となるため作業性に優れトータルコストを削減できる。

スクリューレスなので結線後もゆるむ事がなく、通電による温度変化による電線の膨張・収縮にもスプリングが常に安定したクランプ力を維持する。振動や衝撃にも強く増し締めなどのメンテナンスも不要であり、年次点検作業も省力化できる。

http://www.wago.co.jp/