オムロン 住・産共用蓄電システム 最小・最軽量を実現

2017年8月30日

オムロンは、小規模産業施設や一戸建て住宅に向けの、最小最軽量を実現した蓄電システム「KPACシリーズ」を10月から発売する。価格はオープン。販売目標は3年間累計で1万台。 新製品は、今年7月に発売した同システム(6.5kW時タイプ)のコンセプトを継承して最小・最軽量を実現した。蓄電池は大容量の9.8kW時でありながら、約78キロと軽量のうえ、452×542×228ミリのコンパクト設計となっている。 充放電能力は、従来機種と比べ約1.2倍に向上し、短時間で充電したり、一気に放電したりすることが可能なため、これから本格化するVPPなどの分散電源システムにも対応する。 蓄電池は、一般的な屋外での自立…