Check !!

イグス 密閉型ケーブル保護管 新サイズを追加

イグス(東京都墨田区)は、2016年に発売した切粉対応の密閉型ケーブル保護管「エナジーチェーンR2.1シリーズ」に、新たに3つのサイズを追加した。

同シリーズはチューブ形状のケーブル保護管で、従来品よりも水平走行距離が長い点が特徴。カバーは開閉が容易で、内周側または外周側開閉から選択でき、ケーブル収納時のカバーの取り外しが不要となっている。

同社製品内でトップクラスの密閉性を有しており、社内の実証試験において、合計2キロの金属粉に晒(さら)されながらの10万サイクル後、保護管内に侵入した金属粉はわずか0.5グラム。また、滑らかな内側設計とラッチ機構付きで角のないセパレーターにより、ケーブル損傷や摩耗が発生しにくくなっている。

さらに、グリッド線によって、横置きサイド型でも内部仕切りをしっかり保持できる仕組みになっており、各チェーンリンクに施されたストップドッグがブレーキの役割を果たすことで、エナジーチェーンの作動音はかなり抑えられることに加え、大きな収納重量や長い水平走行にも対応。振動が少なく、ワークをより一層精緻に工作することができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG