オムロンなど7社 フレキシブルファクトリーパートナーアライアンス結成

2017年8月9日

オムロンと国際電気通信基礎技術研究所、サンリツオートメイション、情報通信研究機構、日本電気、富士通、村田機械は、製造現場での無線の利活用を一層加速するため、「フレキシブルファクトリーパートナーアライアンス」を7月26日に結成した。複数の無線システムが混在する環境下での安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定と標準化を推進していく。会長はドイツ人工知能研究所(DFKI)のアンドレアス・デンゲル教授。 近年、無線通信を導入する製造現場が増加するなか、複数の無線システムが共存する工場内での利活用には、無線システム間の干渉による通信の不安定化や設備稼働への影響という大きな課題があった。 これら7つ…