ピーアンドエフ 高機能なサージ保護システム 状態表示ライト装備

2017年7月19日

ピーアンドエフ(横浜市緑区)は、わずか6.2ミリの取り付け幅でありながら、診断機能や状態表示ライト、さらに分離式の制御インターフェースを備えたサージ保護モジュール「M-LB-5000」を発売した。 特許技術である「M-LB-5000」の診断機能は、直感的で見やすい状態表示ライトを備え、EN62305-3規格に従った検査コストを最小限にとどめるとともに、状態モニタリングを可能にする。緑ランプは完全な保護状態、黄ランプは保護モジュールが寿命の90%に到達、赤ランプは保護モジュールが完全に損傷し、保護機能が失われていることを表し、保護モジュールを常に最適なタイミングで確実に交換することができる。 ま…