ヤマハ 外観検査装置 超高速仕様に

ヤマハ発動機は、ハイエンド・ハイブリッド光学式外観検査装置の超高速仕様「YSi-V 12M TypeHS」の後継機として、さらなる高速・高精度化を実現するとともに、鏡面部品の検査能力を高めた「YSi-V 12M TypeHS2」を、8月1日から発売する。国内外合わせて発売から1年間で200台の販売を目指す。

新製品は、画像処理ハードウエアと画像検査アルゴリズムの高速化を図り、3次元検査タクトを従来機比20%以上高速化。特に部品搭載点数が多い高密度基板においては、従来機比約40%の大幅な高速化を実現している。

また、高精細モードを新たに追加し、鮮明な3次元画像の取得を可能にしている。分解能7μの高精細タイプについては、専用3次元撮像用プロジェクタの光学系を一新して0201(0.25ミリ×0.125ミリ)サイズなどの極小部品に対する形状再現性を大幅に向上し、高さ測定の繰り返し精度を高めている。

さらに、撮像パラメータの最適化と新開発のアルゴリズムの採用により、2016年ごろから市場での採用が急激に増えている薄型・高集積のWLCSPやFOWLP部品に対応可能な検査能力を実現している。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る