FOOMA JAPAN 2017 開催にあたって

◇一般社団法人 日本食品機械工業会会長 林 孝司

「食品」の発展目指す

一般社団法人 日本食品機械工業会は、食品機械工業の発展と国民生活の向上に貢献することを目標に、さまざまな活動を行っております。その中で最も大きな事業がFOOMA JAPAN(国際食品工業展)です。昭和53年以来、実に40回目となるFOOMA JAPAN 2017は、6月13日(火)~16日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催いたします。

FOOMA JAPAN 2017では前回よりも会場面積を拡大し「食の未来への羅針盤。」をテーマに、「食」の安全安心を固守しつつ、最新の製品・技術・サービスを披露することで、食品に関連する多くの産業分野のより一層の発展を目指していく所存です。

食品製造プロセスのあらゆる分野が一堂に会し、その集大成となるFOOMA JAPAN 2017は、業界全体の発展を切り拓く場になると思われます。ぜひ、業界のさらなる発展を期して、FOOMA JAPAN 2017へ多数ご参加いただけますよう、お待ち申し上げております。

◇FOOMA JAPAN 2017展示会実行委員会委員長 海内 栄一

ビジネス成果収穫を

FOOMA JAPANは、いまやアジア最大級となる「食の技術」の総合トレードショーとして内外から注目を集め着実に成長発展してまいりました。

例年10万人規模の安定した来場者数を誇り、また、高い商談実績や新規顧客獲得への貢献など、出展社様からも出展効果において高い評価をいただいております。

FOOMA JAPAN 2017におきましては、会場面積を拡大して東京ビッグサイト東展示棟1~8ホール全てを使用し、食品製造プロセスの効率化・自動化、高度の安全・衛生管理など最先端の新製品・新技術の発表の場と情報交流の場として展開していく所存です。

この場を貴社のビジネスチャンスとして生かしていただき、さらに多くのビジネス成果を収穫していただけるよう私どもは最後まで誠心誠意を傾けてまいります。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG