Check !!

チノー PIDシミュレータ 「PIDagoras(ピダゴラス)」最適なパラメータ算出

チノーは最適なPIDパラメータ算出に寄与するPIDシミュレータ「PIDagoras(ピダゴラス)」を提供している。

同ソフトはデジタル指示調節計「KP1000」「DB1000B」「DB1000Z」「DB600」から集録した立ち上がり(立ち下り)実制御データを解析し、PIDパラメータを変化させた場合の制御応答をパソコン上でシミュレーションできるアプリケーション。主に温度制御を対象にしている。画面上にシミュレーションした制御応答波形が表示され、各種制御指標を数字表示できる。制御応答波形に対応したPID定数を実運転に適用することで、誰でも簡単に希望の制御結果を得ることができる。

また、オートチューニング機能を用い、集録した制御データから簡単にPID定数を求められる。実際の装置を稼働させずにシミュレーションで行うため、製造現場に負担をかけずに最適条件を導き出すことが可能。一般のPID制御(位置形、速度形)のほかに、加熱制御などでオーバーシュート抑制、整定時間の短縮に効果的な同社独自のZ制御(ZRISE)方式でのシミュレーションも可能。シミュレーション結果の波形データはCSV方式、パラメータ類はHTML方式で保存できる。

http://www.chino.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG