ローム シンガポールの研究機関と人工知能チップの共同研究

2017年6月9日

ロームとシンガポール科学技術研究庁(Agency for Science,Technology and Research、略称A*STAR)の世界的な研究機関であるマイクロエレクトロニクス研究所(Institute of Microelectronics、略称IME)は、次世代工場向けに、センサノード上で装置の異常を検知する人工知能チップの共同研究を行うことで合意した。 従来の装置の異常検知は、複数のセンサから大量の情報を装置内のパソコンやサーバに送信してから処理するのが一般的だったが、WSN(Wireless Sensor Network)向けの無線通信技術は大量のデータを送り続けるには通信…