日立INSソフトウェア、日立金属が生産管理データの分析ツール「QlikView」を採用  

日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア(神奈川県横浜市)が販売する連想型インメモリBIプラットフォーム「QlikView」が、日立金属の特殊鋼ブランド「YSSヤスキハガネ」を製造する安来工場に導入され、稼働を開始した。

「QlikView」は、利用者自身の発想や疑問に基づいて分析を行うセルフサービス型BIで、クリックテック(東京都港区)が独自開発したインメモリ技術・連想技術により、利用者自身の自由な発想に基づく柔軟な分析を実現できる。

今回「QlikView」を導入した安来工場では、複数の生産管理システムなどから製造実績日や仕掛品の在庫量などのデータを収集し、部門横断的に分析することで、リードタイム短縮や仕掛削減の取組みを加速。そこで、各システムに散らばるデータを、日立のデータ統合・分析基盤であるPentahoソフトウェアを使って集約した上で、データの可視化や傾向分析を行う分析プラットフォームに「QlikView」の導入を決定した。

安来工場の製品は、顧客に合わせた成分や寸法などの組み合わせが無数にあり、それぞれの製品に合わせた製造工程のパターンが存在するため、対象となる製品のデータを正確に特定した上で、さまざまな切り口で多面的な分析を行えることが求められる。このような高度な分析ニーズに対して、「QlikView」が持つテクノロジーが非常に重要な役割を担っている。

日立金属では、最新技術の導入やITを活用した業務改革にも先進的に取り組んでおり、今回の生産管理データに加えて、工場内のセンサーを活用したIoTデータへと分析対象を広げることで、総合的な分析プラットフォームに発展させていく予定。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る