アーキテクト・オムロン・慶應大学 安心・安全な社会づくり貢献 IoTプラットフォーム実証実験

アーキテクトグランドデザイン(東京都港区、以下AGD)とオムロン、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科は、LPWA技術とマルチホップ・ネットワーク技術およびエッジコンピューティング技術を組み合わせたIoTプラットフォーム「IoT PLANET HIGHWAY」を構築。環境センサーを使い、離れた拠点から信頼性の高い環境データを収集するための実証実験を、5月31日から共同で開始した。

実証実験は、慶應義塾大学のキャンパスと周辺施設で実施。日吉キャンパスにマルチホップ・ネットワークを敷設し、周辺施設の間の数キロをLPWA技術で接続。敷設したネットワークの各ノードには環境センサーを取り付け、取得したセンシングデータを日吉キャンパスに設置したエッジサーバーに一度集約した後、コアサーバーにLPWA技術を介して無線伝送する仕組みとなっている。

AGDはPWA技術を独自に最適化、数十キロの長距離伝送と低消費電力を共に実現し、マルチホップ・ネットワークによってLPWA通信距離を向上。オムロンは環境センサーのデータ構成を長距離伝送向けに最適化し、慶應義塾大学は自律分散ネットワークを活用したセンシングデータ、モニタリングに適したサービスアプリケーションを構築する。

得られた成果は、居住地域が分散した地方都市において、各地域の温度や湿度などさまざまな環境データを安定的に取得することにより、異常気象による災害対策として、住民や農産物、社会インフラなどの見守りに役立てていく予定。

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る