川崎重工 米に初の航空機部品工場 将来のスマート化も視野

2017年5月24日

川崎重工は、同社としてアメリカで初めての航空機部品用の製造ラインをリンカーン工場に完成させた。ボーイング社の最新鋭民間旅客機であるボーイング777X用貨物扉を製造する。 今回完成した製造ラインは、リンカーン工場にある既設建屋内の約2800平方メートルのエリアに整備し、塗装ロボットや自動打鋲機など最新鋭設備を導入して自動化を推進する。 また生産システムを活用し、将来のスマートファクトリー化に向けて、ICT/IoTなどのインフラ整備を計画している。