モノタロウ 茨城の新拠点稼働 オペレーション自動化推進

MonotaROは、2月に茨城県笠間市に竣工した新物流拠点「笠間ディストリビューションセンター」の本格稼働を開始する。

鉄筋構造平屋建てで延床面積は約5万6200平方メートル、1日あたりの出荷能力は最大約4万件。

同社では、この新センターの設立により、現在メインセンターとして稼働している「尼崎ディストリビューションセンター」と合わせて、業界最大規模となる50万点超の在庫保有を計画。

また、自律搬送型ロボットなどを活用したオペレーションの自動化・省力化を推進し、従来の2倍の出荷能力・生産性向上を実現する。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る