キヤノンITソリューションズ Local Historian Server 低価格でのデータ活用実現

キヤノンITソリューションズが提供する「Wonderware」は、仏シュナイダーエレクトリックの産業オートメーション向けトータルソリューション。HMI/SCADAから実績収集管理と分析、レポーティング、Web遠隔監視、工程品質管理、製造実行管理など、スマート工場に欠かせない情報収集から分析までをソリューションとして提供している。

第6回IoT/M2M展春では、ダイトロンブース(西16-1)に出展する。産業用時系列データベースである「Historian Server」を独Baumer社のVeriSensビジョンセンサーと組み合わせたデモに加えて、製造ビッグデータの現場レベルでの活用を支援する「BIGDAT@Viewer」を紹介する。BIGDAT@Viewerは、膨大なビッグデータをマップ上に可視化することで、分析軸や仮説を提示してくれるサイバネットシステム株式会社製のソフトウェア。現場の専門家不足の課題に答えることをめざす。Japan
IT Week春では、ソフトウェア&アプリ開発展(東9-47)、情報セキュリティEXPO(東41-44)、組込みシステム開発技術展(西5-8)にも出展する。

https://www.canon-its.co.jp/itweek/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG