ピルツとマスターロック 安全セミナー開催 ISO45001を解説

2017年4月5日

ピルツジャパン(横浜市港北区、川久保雄司代表取締役)とマスターロック・セントリー日本(東京都品川区、マイケル・P・バウワー代表取締役社長)は、「機械安全・ロックアウト/タグアウトセミナー」を、東京国際フォーラム会議室で3月28日開催し、100人が参加した。 最初に、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の新規格として制定作業が進められているISO45001の概要とスケジュール、およびこれに有効なロックアウト/タグアウトについて、環境ワークスの黒崎由行代表取締役が講演した。 ISO45001は、OHSMSをベースに制定が進められており、早ければ今年11月頃に発行が予定されている。セミナー…